2018/04/05

Zwift Run / Zwift Runはじめました



Zwift Runはじめました


Zwift Runってナニ?ってことなんですが。公式サイトの説明によると、以下のような感じです。
バーチャルの道をランニングしよう
実世界でランニングしながら、バーチャルコースを走る自分のアバターを動かそう。Zwift独自のファンタジー・アイランド、Watopia(ワトピア)を探検したり、ロンドン中心街やバージニア州リッチモンドのルートを走ったり。Zwiftの中の景色は何とも壮大。何千人もの仲間たちといっしょに、ジャングルを走り抜け、カントリーサイドでスピードワークを向上させ、火山を眺めながらスプリントしよう。
簡単に言うと、

トレッドミルを使ってモニターに景色を写しながら、世界中のユーザ達と一緒に仮想空間を走ることのできるサービス

です。個人的な好みとしてはトレッドミルはあまり好きではなくて、どうしても朝時間が作れなかった時に仕方なく使う程度だったのですが、Zwift Runはゲーム要素もあってなかなか面白いサービスです。退屈だったトレッドミルがかなり楽しくなりました。自転車やる人にZwiftはかなり浸透してきていて、Stravaでは国内のユーザもちらほら見かけるようになりました。ただZwift Runのユーザはまだほとんど見かけませんので、記事にしておこうと思います。

ちなみに、イニシャルコストについて考えると、自転車の元祖Zwiftは7万円〜15万円かかる上に自転車のフレームが必要なのですが、Zwift Runはジムなどでトレッドミルを使用できる環境であるなら、15,000円でスタートできます。これは自転車に比べて参入障壁が低くて良いなと思っています。

必要なもの


Zwift Runをはじめるには、最低以下のものが必要となります。
  • トレッドミル
  • iPhone、iPad、PC、Apple TVのいずれか
  • フットポッド(シューズに取り付けるセンサー)
  • Zwiftアカウント(当然ですね)
それと、以下のものがあると更に楽しめると思います。
  • 大型モニター
  • 心拍計
  • StravaやGarmin Connect等の外部アカウント
Bluetooth対応のスマートトレッドミルがあればフットポッドはいらないのですが、あまり現実的ではないので今回はフットポッドを使用する前提で書こうと思います。

俺の場合は会社のジムにトレッドミルがあるので、それを利用していて、そのすぐ前に27インチのモニターを設置して、そのモニターにMacBookを接続しています。


スポーツジムなどのトレッドミルを使う場合には、iPadやiPhoneを使うのが現実的だと思います。iPhoneではちょっと迫力に欠けますが。ご自宅にトレッドミルがあるようなハードコアなランナーの場合には、是非テレビに映して使用してください。

Strydの購入


Zwift Runを試そうという場合に一番引っかかるのがフットポッドだと思います。俺の場合たまたまランニングパワーの計測に興味を持ってStrydというフットポッドを購入していて、それを使用しています。
このシューズにくっついているのがStryd。

ただこれは$199もするので、Zwift専用として作られた簡易版のStryd Liveが$99で買えますので、こちらを購入するのも手だと思います。日本までの送料が$30なので、だいたい15,000円ですね。

Stryd Live: Best Way To Run On Zwift

ランニングパワーの計測についても興味がある方は、お高い方のStrydを購入することをオススメします。ちなみに簡易版でない方の本家Strydは国内代理店から28,000円で購入ができますので、ググってみてください。

ちなみにStrydをトレッドミルで使ってみた感想ですが、ほぼ正確にトレッドミルで設定した速度をZwift上で表示していました。誤差は数%あるかないかだと思います。

アプリの導入とか


えーっと、アプリのインストール等細かく説明しょうと思ったんですが、面倒になりましたw Zwift Runを試してみようなんてアグレッシブな方には細かい説明はいらないかと思います。そうですよね。それぞれ利用するデバイスにここからアプリをインストールしてくださいね。んでZwiftアカウントも取ってください。PCやApple TVを使う場合は、Zwift Companionアプリをスマホにインストールするととても便利です。Strydや心拍計との接続をブリッジしてくれるので、新たにPCとペアリングする必要がなくてシンプルです。

それでは準備が整いましたということで、Zwiftを起動してみます。以下Macの英語版の画面です。

まずですね、起動したらRunのタブを選択しましょう。そしておもむろにiPhoneなどのZwift Companionアプリを起動しましょう。MacとiPhoneが同じWiFiに接続されていて、同じアカウントでログインされているなら自動的に接続されます。

Zwift Companionが接続されたら、Macの画面の右上のギアのアイコンをクリックして、Bluetooth機器、つまりStrydや心拍計をどう接続するかを指定します。ここでZwift Companion経由を選びましょう。

そうしすると、自動的にiPhoneにペアリングされているStrydと心拍計がこんな感じで表示されます。べんり。

そして次の画面に遷移させますと、以下のような画面になります。

ここでどんなランをしたいのかとかルートを選んで、あとは"RUN"を押して思う存分走って下さい、って感じです。具体的な運用としては、"RUN"を押してから実際のトレッドミルを動かす形になりそうです(俺はそうしています)。あとはここまで来たらもう別に説明しなくてもルック・アンド・フィールでしょうと信じます。

色々グループランとかも開催されています。さらにZwift Companionでは画面のアングルを変えたりスクリーンショットを取れたり色々便利にできますので試してみてください。

んでこんな感じで走れます。楽しいです。走り終わったらStravaやらにランの情報を送信したりもできます。

更に更に、お友達が遠くにいたりしても、打ち合わせして一緒に走ったりすることもできますし、よく知らない海外のランナーたちと一緒に走ったりもできます。定期的に開催されているグループランのイベントに参加して、他のランナーたちから刺激を受けたりもできます。

こんな感じなんですが、あー、最初走る前にトレッドミルとのキャリブレーションしたりとか説明してないな。。。でもまあ、なんか興味持った人は是非参考にしてやってみてください。色々グダグダで適当ですみません!

それではみなさん、Happy Zwift Runで!





2018/02/04

How To Repair A Series 7 Chair / セブンチェアの修理



セブンチェアを10年ほど使っているのですが、4脚あるうち既に3脚が壊れました。座面から台座が外れちゃうんですよね。噂によると、代理店に連絡しても修理対応はしてもらえないようなので、ガッカリしちゃいますよね。気に入って使っていたなら尚更だと思います。なので今回はたまには困った人の役に立つような、ご家庭でも簡単にできる修理方法を紹介します。

壊れたセブンチェアの他に用意するものは、

  • ボンドG17
  • 4x10のタッピングトラスビス x7
  • プラスドライバー
  • 4mmの六角レンチ
  • 2.5mmと4.5mmのドリル
  • スクレイパー
です。それでは手順を紹介します。

まずは台座を脚から取り外しましょう。

これが台座です。この中心のビスと接着剤で座面に固定されているだけなので、後ろに体重をかけた時なんかにバキッとぶっ壊れます。

まあはっきり言って設計ミスですよ。こんなビスが1本5mmくらい刺さってるだけなんですから、壊れたのはあなたの座り方が悪いからではありません。

脚の裏についてるプラスチックの円形のカバーを取り外すと、ビスが3つありますので、これを取り外します。ホントはトルクスなんですけどこんなでかいトルクスドライバー普通持ってないので、六角レンチで代用しましょう。

これで脚が以下の透明なプラスチックの台座から外れます。そしたら次に台座の中心にあるビスも取ってしまいましょう。
この時、この透明の台座を座面にあてて、位置を合わせてマーキングなんかしておくのがベストプラクティスです。忘れると脚の向きがずれたりします。

で、計画としては、接着剤プラスビス1本、で固定されていたものを、接着剤プラスビス沢山、にしようとしています。
このビスを使います。

では、取り外したプラスチックの台座に適当に幾つか4.5mmのドリルで穴をあけましょう。
こんな感じです。外周部のひと回り小さい穴がそうです。俺はパラノイアなので7つあけました。7倍強固になる予定です。

ビスの長さ引くことの台座の厚みと座面の厚み、でこのように貫通しないで固定されることがわかります。

接着剤が沢山残っているのが気に入らない感じであれば、スクレーパーなんかで削ぎ落としましょう。神経質な場合はペーパーをかけてもいいでしょう。俺は面倒であんまり綺麗にはしていません。

そうしたら、座面に下穴をあけます。新しく穴を追加した透明の台座を座面裏に当てて、位置をマークして、2.5mmのドリルでやります。
こんな感じ。この際に、頑張りすぎて貫通させないようにして下さい。貫通させるととても残念な気持ちになります。

なので、
こういったドリルストッパーとかってのを使うといいですよ。

そしたら次に、ボンドを塗ります。
こんな感じ。市販されてるボンドの中ではおよそ最強のG17なので、フリッツ・ハンセンの謎ボンドよりも強いんじゃないかなと期待。

そしたら台座をビスで座面に固定します。
この際に例のマーキングが役立ちます。いい感じでガッチリ固定されました。

そしらボンドが乾くのを気が済むまで待って、脚を元通りに取り付けて、カバーを装着すれば出来上がりです。
これでまたセブンチェアのある生活に戻れますね。ヤコブセンも喜んでくれるんじゃないかな。良かった良かった。

おしまい。

2018/02/01

My Toy Car / ジムニーJA11を紹介します



1年くらい前にジムニーJA11(幌)を買いました。ちびっこ達に良く手を振られる超イカした車です。JA11とはどんな車やねん、と言うのはWikipediaとか他の人のブログに譲るとしてですね、俺のJA11は1995年まで作ってた大体23年位前の古い車です。なんでそんな古い車を、ってどうしてもフロントウインドウ倒したかったからなんですね。

フロントウインドウ倒す?どんなこと?こんなことです。危ないじゃん、飛び石とか、ってよく言われますが、そういう方達はバイクに半キャップで乗ったことは無いのだろうなと思います。ドアはチェーンになってます。

気合の入ったオフ車なんですが、先に言っておきますが街乗り専用です。普段の買い物とかの他は、岩に行く時に使うくらい。何しろご覧の通り、雨だととても困るので。運用としては原チャリと同等の扱いですかね。

フロントウインドウ立てるとちょっと普通になります。冬は根性が足りなくてこの状態にしてしまいます。

ちなみにボディの色なんですが、「おっカワサキだね」って思いましたよね?それがこれ、この車を制作してくれた二階堂のおっちゃんのが調色したもので、カワサキのライムグリーンじゃないんですね。着てるツナギも緑だから、って言ってました。ちなみに二階堂氏はジムニー界ではとても有名な人のようです。興味のある方は二階堂スペシャルまで。

あ、ファッション重視でマフラーも交換しました。最初はノーマルがついてましたが、砲弾型に。いい音します。ごちゃごちゃうるさいステッカーは岩とか山とかビールとか勤務先のとか、あとは青春のボックスステッカーがまだあったので。チャラチャラしててすみません。

ヒッチメンバーも取り付けました。ヒッチキャリア使って積載量アップです。

折りたためます。つっても普段は装着してないですけどね。

これ納車された時の写真です。愛知まで取りに行って自走してきました。この時は屋根もドアもセンターピラーもあったんですけどね。帰宅してすぐに取り外しちゃいましたね。これもなんか可愛いですね。

あと何か書くことあったかな。ああ、マニュアルですね。それと100km/hくらい出すとなんかバイクよりもしんどいので、高速は80km/hで左車線おとなしく走ってます。と言うかめったに高速乗りません。それとですね、昨年末ヒュージブルリンクってパーツがぶっ壊れて暫くエンジンかかりませんでした。それ以外はトラブルは無いですね。

あと、面白いのでナンバープレート白くしてみました。軽なんですけども。
インチキじゃないです合法ですからね。「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」ってのがありまして、それの寄付なし版はなんかちっさいロゴが入った白いナンバープレートなんですね。7,210円しました。これ、なんか交通に混乱をきたしたりしないのかな?まあいいか。。。

アホだなーって感じだと思いますが、とにかく乗ってて凄く楽しい車です。見つけたら手を振って下さい。

あと、「こいつナンバー隠さないでDQNだな」ってご心配してくださった方、総務省も言ってますし、俺もナンバーは個人情報にはならないと思うので、気にしてないだけです。ありがとうございます。

おしまい。あ、オイル交換しよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...