2017/08/21

Make My Own 3-Season Down Quilt / 3シーズン用ダウンキルト作製




またダウンキルトを縫いましたので記録に残しておきます。今回もThru Hikerの900フィルパワーダウンキルトキットを使用させてもらいました。
  • 総重量: 265g
  • ダウン: 900FP White Goose Down x 130g
  • 生地: M50MR(シェル)、M50L(ライナー) 
  • サイズ: 縦183cm x 横122cm
* * *

友人が持ってるマジック125を見て、ああいいなこれ軽いし自分でこんなの作れないかなと思って計画したのですが、気づけば某モンベルのダウンブランケットの影響を多大に受けたキルトになってしまいました。自分の身長に合わせて短くしてある上に、900フィルパワーのダウンを使っているので、だいたいモンベルで言う#3くらいの性能はあるんじゃないかと思います。

4.6oz、130gのダウンを用意。ホントはこんなハンパな量では売ってないのですが、お願いして売ってもらいました(スケールに115gって出てますがこれテーブルに触れちゃってるので、ちゃんと130g以上あったのを確認済です)。

まあいつものように縫います。今回ロフトが全然無いのでバッフルが要らなくて凄く楽だった。あと、ブランケット状に展開させられるようにするので、フットボックスも無くて凄く楽だった。

んでダウン封入。また風呂場でやりましたが今回もう濡らすのやめてジップロックに入れて重さ測ってってやりましたが、夏だし汗ばんでるしで死ぬ騒ぎ。

数グラムのダウンが無駄になりましたが、もう回収する元気なし。

どうでしょう。こんな感じで。スナップボタンとか色々つけて完成です。

265グラム、スタッフサック除く。奇しくもマジック125と同じ重さ。ですが、こっちはフィルウェイト130gなのでインチキ130とでも呼びますか。かつ900フィルパワー。おう、どうや。

広げるとこんなんです。色んなシーンでこれ実は便利なんじゃないかって思ってます。縫うの大変なので、房室は横に区切っただけ。

スナップボタン取り付けて、足側のコードを絞るとこんな感じ。首側はバンジーコード。

裏側。実は背中の部分のストラップまだつけてない。なかなかよろしいのでは無いでしょうか。7月中旬に松本でキャンプして使ったのですが、夏にはちょっとスペックが高すぎた気もして、ブランケット状での使用が結構ありそうだなと思いました。

あと作ってから思ったんですが、265gしかないのでダウンパンツ程度の感覚で追加して持って行けるのもいいんじゃないのかな。もう今後寝袋はそうそう縫わなくていいかと思うと肩の荷が下りた気分です。ですが、縫ってる終盤でミシンが調子悪くなって凄い困ってます。

前回の900フィルパワー厳冬期用ダウンのMYOGの様子はこちら

2016/08/29

Magellan Echo Smart Running Watch / マゼランエコー スマートランニングウォッチ



最近手に入れた最高のオモチャ、Magellan Echoの話。

スマートランニングウオッチと銘打つ腕時計なんですが、単体では何の役にも立たないガラクタです。けどiPhoneのGPS記録アプリ(私はiSmoothRunで使っています。iSmoothRunはStrava、RunKeeperやNike+のフロントエンドとして使える高性能ランアプリです)と組み合わせるとめちゃ便利。iPhoneで取得できる色んな値を表示させることが出来ます。


この写真はラン用のダッシュボードで、経過時間、距離、心拍数、平均ペースを表示させてます。



更にこの写真のようにダッシュボードはiPhone上でいくらでもカスタマイズが可能で、ページの追加もできます。


この写真は昨日作ったハイク用のダッシュボードです。時刻、距離、累積獲得標高、標高を表示させてます。

iSmoothRunとの組み合わせで使用してますが、現時点でほぼ不満なし。iPhone側の電池の減りも大きな差は無いように思えます。

今までiPhoneの画面か音声頼りだったので、物凄く便利になりました。GPS腕時計よりも遥かに安価なので、ランナーやハイカーやガジェットオタクのみなさんに超オススメです。

ちなみに、同じような機能のPebbleとどちらにしようか悩みました。ですが、
  1. Pebbleは3種類の情報までしか1画面に表示できない点(Echoは4つまで)
  2. Pebbleは充電式な点(Echoはコイン型電池で公称半年持つ)
という理由からEchoにしました。


2016/04/28

Austin Spartan Sprint 2016 / スパルタン・レースに参加しました




2年前と同様に、勤務先の本社のあるテキサス州オースティンに3月末から5週間ほど滞在しています。我が社では四半期毎に社員を募っていろいろなレースに参加するのですが、今回の対象だったスパルタン・レースに参加しましたのでその事について書きたいと思います。

スパルタン・レースとは:
これまでにトレイル・レースやマッドラン、障害物競争、アドベンチャーレースを経験したことがあるのなら、ぜひ、スパルタンレースに挑戦すべきだ。これまでの障害物競争とは違い、スパルタンレースには、選択可能な様々なレベルや距離(スパルタン・スプリント、スパルタン・スーパー、スパルタン・ビースト) が用意されている。  
https://www.facebook.com/SpartanRaceJapan/videos/307782009381598 
簡単に言ってしまえば、「トレラン+たけし城」です。決まったルートを進みつつObstacleと呼ばれる障害を超えてゴールを目指します。障害は、垂直の壁をジャンプしたり、有刺鉄線の下を匍匐前進でくぐったり、バケツの中に砂利を満載して担いで歩いたり、やり投げをしたり、とにかく多種多様です。今回参加したSpartan Sprinでは、4マイル強(9キロ弱)のルートに24個(たぶん)の障害が設けらていました。全部ではないですが、以下にその内容を紹介します。

***

スタートですが、ローリングスタート形式で私は1:00pmのスタートでした。入場にバタついてスタート地点に着いたのはもうスタート寸前で、何もわからないまま走り出しました。まあ、トレランプラスアルファだろうと。つまり、良くわかってませんでした。というか、ほとんど予備知識ゼロでした。

最初の障害はWall Jump(壁越え)からの三連続でした。写真は無いです。壁をジャンプするものと、壁の下をくぐるものと、壁の中央の穴をくぐるの三点。ああ、なるほど、こういうレースか、という洗礼ですね。ちょっと気合が入りました。

その後暫くトレイルを走り、次の障害です。

なんでしょう、平均台を越えるような障害です。得に問題なくクリア。

トレイルと行っても結構容赦無いです。渡渉とか普通に出てきます。

ああ、沢登りをやっててよかったなと思いました。特に抵抗が無いので。

次に出てきたのは雲梯です。

これは軽くクリア出来ました。何が面白いって、チームで参加した場合お互いを助け合える点です。チームメイトが途中で落ちてしまいそうな場合、その足を抱えたりと助けたりできます。ちなみにクリアできなかった場合、その後にBurpeeと言われる罰ゲームが待っています。ジャンピングプッシュアップを30回、というようなものです。

ちなみに最初のBurpee有り障害のここで、ルールを把握していなかったことから雲梯をクリアしていたにも関わらずジャンピングプッシュアップをしてしまいタイムロス。。。

次の課題はなんか山状のネットを越えるやつ。

特に問題なし。

次にはめっちゃ水線通すような遡上。

これはかったるくて、左の人のように岸を走ろうかとも思ったのですが、体力回復を含めてそのまま歩行。

次にいよいよ有刺鉄線が出てきました。これは結構燃える。

途中から有刺鉄線が高く配置されるのですが、引っかからないように気を遣いました。膝も痛いです。

次にレンガのトラバース。

これはクライミングをかじっていればなんでもないです。

同様に次の障害も、

特になんということもない。

ただ、そんなことを言っているとアメリカ人の想像力に度肝を抜かれます。

なんだろう?なんで藁の標的めがけて槍を投げないと行けないんだろう?失敗するとBurpee。謎です。

そして次に、50kg以上はある砂袋を載せたソリを引っ張る謎の障害。

これは結構背筋が要求された。

そして30mはあろうかという土管の中の匍匐前進。

右に微かに見える太い土管を使うと3回Burpee。閉所恐怖症でなくて良かった。

からの、どうでもいいような

そんな障害。

このタイヤを3回ひっくり返すのは辛かった。

本能的に軽いタイヤを選んでしまい、チートした感覚。

またもや雲梯もどき。が、今回はつり輪だったり野球のボールだったり。

これはかなりしんどい。見かねた他のチームの人に支えてもらって突破。ありがてえ。そういえば、俺のチームメイトはどこに??

次に洗礼とも言えるべき、泥水突破の障害。

これは、結構いろいろ吹っ切れる。その上に、この後ゴールまでの伏線でもある。チンコの皮の中まで茶色くなるナイスな泥水。これが3連続。携帯を頭の上に持ち上げて突破。

お次はオーバーハング壁。

少なくともクライミングの心得が少しでもあれば、特に問題なし。

これはきつかった。砂利をバケツ満載にして100mほど周回する障害。えーと、なんで?

途中で女性がぶっ倒れて救護班が来たりして焦った。結構きつかった。

かなり後半戦。傾斜壁。

ロープがついてるけど、ほぼ走って登れる感じ。

次にロープを登る障害。

足がうまく使えずに手だけで登ってしまいかなり消耗。

もうほとんど佳境。ルーフ超え。

ここまで来るとゴールを見守る観客から見られるので否が応でも盛り上がる。

そして砂袋を引き上げる障害。

チームメイトがいたら楽なんだろうな。。。と思いつつ、50kgはあるんじゃないかと思われる砂袋を5m以上引き上げる。

この後頭まで潜らないと突破できない泥水プラス壁の障害(携帯は横に置いて突破)があり、そして!いよいよラストの障害。

薪の上をジャンプして、

(思ったより燃えてませんね)


そのまま泥水にドボンして、


フィニッシュ!

***

いやいやいろいろ突っ込みどころはあるんですが、なんだろうこの、マジキチなレースは。これはホントアメリカ人しかできないだろう。多分死人も出る。ていうか出てるでしょう。ただ、最高に楽しかったのは事実です。

私の場合は特に何かスパルタン・レースのためにトレーニングはしてないのですが、ランニング/トレラン経験及びクライミング経験のおかげで殆どの障害がこなせました。トレランができれば尚可、なのですが、各障害で待ち時間が発生するので純粋なスピードレースとはならないと思います。

距離的には9km弱と何でもない距離なのですが、途中に全身を使う障害が挟まれているので思ったよりも疲労は激しかったです。というか、ランの最中に全身もしくは上腕を激しく使って、更にラン、というような経験がなかったので、それによって自分の身体がどうなるのかについてはとても面白く確認できました。

謳い文句には「トレランやアドベンチャーレースを経験したことがあるなら」とありますが、必ずしもトレランやアドベンチャーレースに連なるものでは無いです。どちらかと言うと、パルクールの動きなんかがすぐに取り入れられるんじゃないかな。地図読みが必要なアドベンチャーレースとは全く一線を画するものです。だって、その障害(例えばやり投げとか)無視して走っちゃえよゴール目指せよ、って思いかねませんもんね。

ただ、我われ世代のようにたけし城の洗礼を受けていたり、サスケに興味があったりするならば、このレースは魅力的な選択肢になるかもしれません。今後(これまでにも?)日本で開催されるかはわかりませんが、アメリカ人のアホさ加減を思い知る上でとてもおもしろいレースでした。

それとですね、アメリカ人とか言い出すなら、アメリカでのなんだろう、フィットネスとかエクササイズとかの意識ってのはやっぱり日本よりはるかに高いですね。私からみても普通に太っちょのおじさんおばさんお兄さんお姉さんがこんなハードコアなレースに参加して物凄く楽しんでますし、そのように一部のアスリート以外でも楽しめるような土壌があると強く感じます。このレースが日本で開催されても近所のデブのおばちゃんは絶対参加しないし、そもそも知りもしないですよね。そういう裾野の広さは素直に感心しました。

ちなみに、私のAustin Spartan Sprintの結果は1:36:00で年代別54位、総合460位でした。よくわかりませんね。

Stravaの記録はこちら

2015/07/07

How I Bought GoPro "3rd Person View" Mount #2 / GoPro用3PV(第三者視点マウント)を買った話 後編




と、前回の記事から1年半も開いてしまいました。。。ですがいまだに国内で3PVマウントを使用している人が少ないようなので、続きを書こうと思います。ちなみに上の動画は3PVマウントを使用して冬山登山の様子を撮影したものです。拙いですが、どんな映像が撮れるかはわかってもらえるのでは無いかと。

***

えーと、既存のGoProのマウント、つまり頭や胸や腕のマウントの限界を感じた、ってところまで話しましたっけね。で、色々調べた(過程は省略します)結果、Sail Video Systemの3rd Person View Camera Mountが一番いいだろうって結論に達しました。バックパックに入れて背負うタイプの物も見つかったんですが、Sailの3PVマウントの方が自分の上半身をすっかり余分な物を映さずに撮影できるという点で優れていました。ちなみにSailの3PVマウントはKickstarterで資金を調達して一部で話題になりました。

さて、この3PVマウントですが、当然国内に代理店など無いので直接購入することになります。Sailのサイトから注文をすると、日本までの発送も可能のようです。ちなみに発送元はオランダで、支払いはユーロ建て。送料は2014年1月当時、日本まで€25でした。単なるマウントにしてはかなり高い買い物となりました。当時のレートで23,000円とか?
ちなみに今はもっと安くなってるっぽいです。

モノは大体1週間くらいで届きました。FedExです。

早速開封してみます。
シンプルな包装です。

パッケージに含まれているのは、以下のものでした。
ボールマウントが付属するセットもあるのですが、単なるパイプの方を選択しました。価格が安いのもありますし、当初はフレックスクランプをパイプに取り付ければいいやと考えていました(後ほど改造というか改良をすることになります)。

腰のベルトはかなりしっかりした作り。
この中央部の穴がミソなんですね。ここがポールをしっかり支える作り。ベルトも3重にしっかり締める作りになっています。

装着するとどうなるかというと、こんな感じになります。
バックパックと干渉するので、小さめのバックパックでないと着用は難しい感じです。ちなみに写真はGossamerのType2。

これまで3PVは大体山や岩での活動で使いましたが、相性はそれほど良くないかもしれません。ですが、撮れる動画は比類ないものなので、積極的に使っていきたい感じです。ちなみに、登山ですとやはりバックパックとの干渉、クライミングでは岩との干渉が大きいです。沢登りとも相性はいいですが、やはりチムニー状の箇所を突破する際には背負っている3PVマウントが干渉することがあります。良し悪しです。また、画角の設定をばっちりしていても岩にぶつかってズレてしまったりもします。

ちなみに画角の調整ですが、なるべく上半身が全部写るように調整すると非常に迫力が出ます。うまく確度を調整すれば足元まで写すことも可能です。頭だけ写るような形だと迫力にかけますが、登山のように撮影者の視点まで写したいような時にはそう調整します。また、3PVのポールだけでも自撮り用に使えるので、それなりに重宝します。

***

単なるGoProのマウントとして考えると、GoPro本体が買えてしまうほどの高価な商品なのですが、その価値はあると購入して1年半経った今でも思います。アクションしている自分を客観的に撮影できるマウントは他にはありません。国内で他に使用例を見たことが無いのですが、工夫次第で無限に可能性をもった素晴らしい商品です。使用中にパイプを固定するパーツが破損したのですが、アフターサポートも素晴らしく良かったです。もっと普及するといいなと思いこの記事を書きました。3PVマウントの改良についてはまた別途。

もういくつか3PVを使用した動画があるので、ここに貼っておきます。冬山とか沢登りとか。
 



2015/01/25

Make My Own 900 Fill Power Down Quilt / 900フィルパワーダウンキルト作製



去年の話ですが、Austinに出張中にあっちで購入してきたThru Hikerの900フィルパワーダウンキルトキットを使用して、キルトをMYOGった記録です。軽くて頼りになるキルトが完成しました。

  • 総重量: 731g(含スタッフサック)
  • ダウン: 900FP White Goose Down x 510g
  • 生地: Pertex Quantum(シェル)、M45(ライナー) 
  • サイズ: 縦183cm x 首周り122cm x フットボックス周径96cm

* * *  

900フィルパワー(らしい)ダウンを今回は18oz(510g)用意しました。これでスペック的にはNunatakのArc Expeditionに匹敵する、-15℃以下まで耐えられる想定。素材はPertex QuantumとM45をチョイス。房室は12とします。一応設計図を書いてどの房室に何g分のダウンを入れるかとか決めてたんですが、それどころじゃなかったです。元々キットのダウンは12ozなので、1.5倍に増量しました。

 届いたキットの勇姿。パンパンや。パターンとかは付属しません。

まずは生地の採寸をします。スペース取ります。。。

ライナーの採寸が終わったらそのまま上にシェルの素材を重ねて写し取りました。

テープを使う事自体は移しやすいし直線取りやすいしでいいと思うのですが、ガムテープを使ったのは失敗でした。ノリが残って最悪です。もっとノリの弱いテープを使うべきでした。

切ります。

No-See-Umのメッシュでバッフルもを作成します。何センチにしたっけな。今回のようにムチムチのダウンはバッフルを入れないとロフトが潰れてしまうので。

バッフルをライナーに縫い付けます。

こんな感じ。

ライナーへのバッフル縫い付けが終わったところ。生地が引き攣れちゃってますね。 糸調子が悪いのか押さえが合ってないのか針が太いのか?

更にバッフルをシェル側にも縫い付けます。順番考えないとダメですね。

もう少しでシェルへのバッフルの縫い付けが完了。

バッフルが終わったらサイドを片側閉じます。耳が残って不格好(かつUL的には無駄?)なのですが、作業性とダウンの封入を考えて三つ折縫いにしました。

さて、それではいよいよダウンの封入作業に入ります。
これで半分。浴室で作業しました。最初はダウン濡らしてやろうとか考えていたのでね。。。この方法賢いかと思いきや、ダウンが全然水を吸いません。ダウン全体をきっちり濡らさないと量の管理ができないので。ですが濡れません。結果、ヤケクソで目分量となりました。

ダウンは濡れに弱いとか良く言いますが、こんだけ水を吸わないわけで、本当に水に弱いのか?と疑問に思いました。水に強いんじゃないのか?

もうこれ、地獄ですよ。早く終わりたい一心。バランス?さあどうなんだろう?みたいな感じ。

最初の6室にダウン入れてみましたが、乾燥するまでバランスが確認できず。。。2日位乾燥させたかな。もう濡らすのはやめました。

乾燥してバランス取ってみた最初の6室。まあいいんじゃないでしょうか。

後半戦。今度は濡らしてないのでもっと悲惨。

房室の中はこんな感じ。メッシュのバッフルで隔てられています。

さて、何度か入れたり戻したりをして12室ダウン封入完了。かなりそれっぽいですね。いつの間にか首部分のバンジーコードもついてます。いつやったっけ?

フットボックス作りました。構造良くわかんないので考えるのはやめて、ボトム部の周径に合わせて座布団みたいな感じで作製。ダウン使いすぎで封入不足。。。

そんでもってなんとなく取り付けました。まあいいんじゃないでしょうか。

 更にウエスト上部で固定するストラップというかコードを取り付け。

 というわけで完成しました。結構期待以上のムッチリ感!

余った生地でスタッフサックを作製。総重量731g。いいんじゃないでしょうか。実際持ち運ぶときはコンプレッションサックを使いますし、普段はそのまま吊るしてるのでこのスタッフサックは使うことはあまりないのですが。

今のところ-10℃くらいまでしか使用してませんが、快適でした。キルト自体初だったのですが、ホントにこれで背中寒くないんだなと改めて関心しました。なかなか満足なMYOGでした。

* * * 

言わずもがなですが、今回のプロジェクトは以下のサイトに影響されて着手しました。大いに参考にしています。

厳冬期用900FPキルト、自作 | Wander-Z

更に設計と実際の作製には下記のサイトに非常に助けられました。前者の図面に手を加えたものを使っています。

Quilt
My Homemade Hiking Quilts | The GPS Geek

ロフトの高さと耐温度の換算表。

ZPacks.com Ultralight Backpacking Gear - 20 and 30 degree 900 Fill Power Down Sleeping Bags

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...